土佐小夏について

土佐小夏

土佐小夏とは

高知県の初夏の絶品フルーツとして大変人気があります。高知では、小夏や小夏ちゃんと呼ばれて親しまれています。 濃厚で甘くみずみずしいとても上品な酸味の味わえる柑橘フルーツです。
土佐小夏の通販はこちらにございます。


■土佐小夏の大きさ
おおよそ通常のみかんと同じくらいの大きさで綺麗なレモン色をした果実です

■土佐小夏の味
あと口の良い甘さで高知の特産柑橘類の中でも最も上品と言えます。見た目がレモンに似ているため酸っぱいイメージをすると思いますが、レモンやグレープフルーツのような酸っぱさは無く非常に食べやすい果実です。また果汁が大変多いのも特徴です。

■土佐小夏の旬
ハウス栽培の小夏は2月頃から少しずつ出始めます。露地物は、その後4月頃から始まります。当店の全国発送している小夏は、ほぼ温室栽培の小夏です。4月から5月に主に発送しています。

■土佐小夏の食べ方
特徴的で、リンゴを剥くようにクルクルと果皮の黄色い部分を薄めに剥ぎ取り白い綿の部分を残します。それからスライスするように切って食べます。果肉と綿の部分を一緒に食べるとその酸味と甘みのバランスが絶妙で小夏独特の風味と味をご堪能いただけます。
小夏の食べ方
■土佐小夏の歴史
土佐小夏の歴史はとても古く、その発祥は100年か200年以上前にさかのぼると言われていて、 高知県で栽培がはじまったのは明治頃と言われています。

■土佐小夏の産地
土佐市・宿毛(すくも)・山北地区などで県内各地で栽培されています。


■小夏の栄養成
ビタミンC、βカロチン、ビタミンB1やビタミンB2が豊富に含まれています。 他の柑橘類とは違い果皮内側の白い皮も一緒に食べる事ができる小夏は、たくさんの栄養成分を効率よく摂取することができます。